機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)あらすじ・評価&レビュー

どーも、おばけです。

やっと映画を観に行くことができました!

楽しみにしていた「機動戦士ガンダムナラティブ」。

これから観ようか悩んでるあなたに向けて、ざっくり紹介します。

ユニコーンガンダムが好きな人は必見です。

トレイラー

公式ロングPV 90秒バージョン

もっと気になる人は冒頭23分バージョン!

作品情報

題名:機動戦士ガンダムNT

上映時間:90分

企画:サンライズ

原作:矢立 肇、富野由悠季

監督:吉沢俊一

脚本:福井晴敏

メカデザイン:カトキハジメ、小松英司

ざっくりあらすじ

U.C.0096、「ラプラス事変」は人知を超えるサイコフレームの力によって終結。これを引き起こしたユニコーンガンダムバンシィは封印されることで人々の意識から遠のくことになった。

ユニコーンガンダムとバンシィを参考に連邦が製造した「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス」は暴走事件を起こし消息不明となっていたが「ラプラス事変」終結後、再び姿を現すようになっていた。

物語はラプラス事変の1年後。

主人公ヨナ・バシュタ地球連邦所属のパイロット。かつてジオン公国による「コロニー落とし」を予知した奇跡の子供たちの一人。フェネクスを捕らえる極秘作戦「不死鳥狩り」に参加することになったが、フェネクスに搭乗しているのが同じ「奇跡の子供たち」の一人リタ・ベルナルと知る。彼女と再会するために、ナラティブガンダムに乗り出撃する。

見どころ

・戦闘

序盤~終盤までそこそこ戦闘シーンは多いですが、まぁフェネクスがカッコイイです。「ガンダムナラティヴ」ですが、ヒロイン機体は完全にフェネクスです。

・映画としての完成度

映画という短い時間の中で、かなり上手くストーリーをまとめています。終盤どうしても少し駆け足にはなったかな?とは思いましたが、「奇跡の子供たち」である3人の関係の深さもしっかり伝わってきました。

・わかりやすさ

当たり前ですが、「ユニコーンガンダム」の話の続きになっているので観たこと前提の本作になっていると思いますが、ある程度ユニコーンでの出来事等を説明してくれるようなシーンがあるので映画を集中してみることができます。

・ファンサービス

自分はファンサービスと捉えているのですが、過去シーンをそのまま流すシーンがあったりと、歴代のガンダムを知っていれば知っている程、「おぉ~」となるシーンが結構あります。

ネタバレあり感想

ここから少しネタバレが入ります。

見たくない人はクリックしないで下さい。

本作、観終わってまず思ったのは、「フェネクス強すぎ!!!」です。

良い意味でも悪い意味でも設定上、動力源が不明ということでフェネクスは無人状態で無双でします笑

ラストシーンは納得していない人もいるよなぁっていう終わり方。ユニコーンの時も少しそうでしたが、もはやサイコフレームのパワーを最大まで生かせば「人は身体が死んでも魂だけで、意識だけで永遠と繋がっていられる」というなんともオカルトな話です。

自分は納得して楽しく映画を観ることができましたが、それはそれでなんだか哲学的だなぁあとも思うし、なんだか行き過ぎな感じもしないでもない・・・・・

そして最後のヘリウム3の爆発も、フェネクスがサイコフレームの力で何もなかったの如く収めてヨナを救う。

「サイコフレームさえあればなんでもできるっ!」感があります笑

ただ、最後にバナージに救われ元の母艦に戻るシーンを見ると、2022年に予定されているガンダムUC2への繋がり感があってワクワクが止まりませんね!今後バナージと共闘とかもあるんじゃないか!?と思わせますよね!

そしてセカンド・ネオ・ジオングめちゃ強いしパイロットのゾルタン・アッカネンの咬ませ犬感が凄い・・・・。

最後に凄い良いなぁと感じるのは、勿論悪役はいるのですが、悪役にも救いを設けているところ。悲しいけど素敵だなぁなんて思います。ゾルタンも最後意識の世界で悲しそうな眼をして出てくるシーン。なりたくてなったんじゃない、本当は分かり合えたんじゃないか等思わせるところがとても好きなところですね。

 

まとめ

ユニコーンガンダムだけではなく、Zガンダム、逆襲のシャアも事前に観ておくと、話の内容がすぅ~っと入ってきてより一層楽しめますね!

個人的に映画館、もしくはブルーレイで観ると色の美しさが段違いにキレイだと思うので、とても楽しく観れると思います。ユニコーンの時に自分は映画館で観た後、ブルーレイを購入して自宅で何度も観ていました笑

ちなみに知っている人もいるかと思いますが、

「閃光のハサウェイ」が劇場版3部作となって映画化されます。

とても楽しみですね。ずっとずっと待っていた人も多いのでは?最近はスーパーロボット大戦にちょくちょくでて知名度も上がってきてもいます。

そしてユニコーンガンダムUC2として、2022年から海外ドラマ形式で放送されるとの発表もありましたね。

U.C歴のガンダム中心で展開されていく今後がとっても楽しみですね!


オススメ作品

ガンダムナラティブが好きな人にオススメな作品は・・・・

「機動戦士Zガンダム」

観ておくとナラティヴをもっと楽しく観れます!

ざっくり観たい人は劇場版3部作劇場版Zガンダム「星を継ぐ者」「恋人たち」「星の鼓動は愛」でもいいですね。

ラストがテレビ版とは違いますが作画も所々新しくなっているところがあり、面白いです。

ちなみにZガンダムはHuluにて、最近追加され無料で観ることが可能です。、無料期間のうちに観るのがいいと思います。

Hulu公式サイト

「機動戦士ガンダムUC」

すみません、これは当たり前ですがこれを観ていないのと、観ているのでは感じる面白さも全く違います。

交響詩篇エウレカセブン

ロボット系、精神的な世界観、オススメです。

テレビシリーズが50話前後で長いですが、とてもメッセージ性の強いアニメなので是非!

オシャレな世界観、音楽、サブカルチャーどれもクオリティが高いです。

最後に

ガンダムナラティヴは今後展開されていいく”UC2”を観るためには必ず観ておいたほうが良い作品です。

加速していったサイコフレームの力はミネバと地球連邦の協定によって封印されるわけですがその辺もいずれかF91への布石となっている気がします。

今後もUC歴のガンダムから目が離せません。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です