アメリカンホラーストーリー 怪奇劇場(シーズン4)が面白い理由

アメリカンホラーストーリーのシーズン4 怪奇劇場(フリークショー)の記事になります。

結論から言います。

アメホラで一番おすすめしたいシーズンです。

独特でいびつな世界観のアメホラですが

その中でも飛びぬけてるシーズンだと思ってます。

昔アメリカで流行った「見世物小屋」がメインの1950年代が舞台のストーリー。

観る人をかなり選びそうな内容なんですよ。

映画好きな人は、かの名作「フリークス」を思い出す人も多いんじゃないですかね。

個人的には一番好き。

時代背景とホラーのマッチ感がすごくて、とてつもない怖さといびつさを演出しています。

メインキャストに「頭が二つある女」が出てきたりします。もちろんCGなのですが、サブキャストは全て本物の奇形の人だったり、先天的な病気の人なんですよね。

誤解させるような言い方はしたくないですが

本当に良い意味で映画的に怖いんですよ。

俳優ではない人も多くいるのですが、演技がめちゃめちゃ良い。

トレイラー見て頂ければわかりやすいです。

公式トレイラー

ざっくりあらすじ

1952年、怪奇劇場(フリーク・ショー)を経営するエルサは、テレビの普及によって劇場に入る客が減ってきていることが悩みの種だった。

打開するために目玉となるような人材をさがしたところ、ある事件をきっかけに「頭が二つある女」を見つけ出し、なんとか勧誘すること成功。

しかし怪奇劇場の周りでは奇妙なピエロの徘徊、殺人、誘拐など様々なことが起き始めていた・・・。

怪奇劇場の見どころ

シーズン4のどこが面白いのか、というところですが

  • シーズン4を上手く表現しているオープニング
  • フリークの内面と外面
  • ラストの衝撃の展開

この3点ですね。

オープニング

オープニングについてはこのOPを観てほしい。好きすぎる。

いつものアメホラの曲をベースにしながら

最高に気持ちの悪い出来に仕上がっています。

怖すぎですよこれ。心の底から奇妙で気持ち悪くて怖くて・・・・

シーズン4の内容を本当に上手く表現したOPだと思います。

基本ドラマのOPは飛ばしてみるのですが、シーズン4についてはこれを観るのが楽しみになるくらい、見入ってました笑

その時代特有の奇妙さ、いびつさ、気持ち悪さが表現されている素晴らしいOPです。

フリークの内面と外面

フリークについてはどう書けばよいのか、あえて非難されること承知で書きます。

下半身がない人、手足が短い人、小人、ねずみみたいな人。全て本物の人たちなので、やっぱり怖いというか奇妙というか、そう感じちゃうんですよ。

差別意識がどうとかじゃなくて、普通と違うってことは仲間外れにされたり注目されたりするんですよね。

アメリカではこうゆう人達を集めて「見世物小屋」をやってお金を稼ぐってホントえげつないんですが・・・

みんな「人と違う自分」を悲しみ嘆くわけですが、それを超えて前衛的に人を喜ばせようとしている人間模様なんかは、シーズン4では上手く表現していて、心打たれます。

あと序盤から出てくるピエロも良い役をしています。

とっても気持ち悪いです。

本来のピエロの陽気さがあるからこそ、ピエロが殺人を行う時の怖さって引き立ちますよね。

この作品でも、ピエロめっちゃ怖いです。個人的に「IT」とかのピエロよりも怖い。

作中に出てくるキャラが、フリークとピエロの過去を聞くシーンがあるのですが、その時のピエロの過去が結構じーんと来ちゃいますので注目。

日本ではあまり馴染みのないピエロだけどアメリカとかってピエロ怖いって人多いですよね。それってやっぱりサーカスだったり、怪奇小屋だったり、ピエロを使う場所が多かったからなんですかね。

まぁそんなこんなで自分はシーズン4が一番好きです。物語としても素晴らしい。ホラーとしての完成度高し!

あと、ラスト衝撃の展開が好きな人はかなりオススメです。久しぶりにこんなぶっ飛んだ作品をみましたね。

全体を通しての面白いポイント★

シーズンごとに時代も内容も違うのですが、よく見るとキャラクターが繋がっていたりするシーンがあります。

気づいたときは「おぉぉぉ!!!」って叫びました。アメリカン・ホラー・ストーリーなめていたぜ・・・・ほんとに面白いじゃないか!

だからこそどっかのシーズンだけ観るのではなく、どーせなら全体を通してアメホラ観てほしいと感じます。

具体的な部分はネタバレなのでクリックで表示

具体例を出すと、シーズン4の「怪奇劇場」に出てくるペッパー君がシーズン2「精神科病棟」に出てきます。

シーズン4の世界が1952年のお話で、シーズン2の世界が1964年。ソルティが死んだあと、シーズン2の舞台である精神科病棟に入るんですね。今までつながらなかったシーズンが繋がるのが結構感動したり。精神科病棟でペッパーが雑誌の表紙になっているエルサを観てほほ笑むシーンなどはペッパー君幸せそうで良かったと心から感じてしまいます。

まとめと評価

アメリカンホラーストーリーはあまり知られていないですが

非常の凝った作りの面白い海外ドラマです。

是非皆さんに見てほしい!個人的にはシーズン4が本当に好きですね。

おすすめです。

シーズン4 怪奇劇場の評価
オススメ度
(4.5)

視聴方法

「アメリカンホラーストーリー」は期間限定でHuluで配信されています。

2019年4月現在はシーズン7(カルト)が配信されましたね。

2週間無料期間があるので是非活用しましょう。

アメホラをHuluで見てみる(2週間無料)

常に配信しているのはネットフリックスですね。

海外ドラマで面白い配信が多いので私もいつもお世話になっております笑

ネットフリックス公式ページはこちら

ではノシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です