Huluドラマ『THE HEAD』登場人物の行動の整理とネタバレ考察(7月12日更新)

2020年7月12日更新!

Huluにて配信されている極限心理スリラードラマ

「THE HEAD」

全6話から構成されていますが

1話ごとに次々と真実が浮かび上がってきています。

少し難しい内容で困惑することも多いかと思いますので

わかりやすく登場人物ごとに行動を整理しました

重要な部分には考察も書いています。

これから『THE HEAD』を見ようかな?

と思っている人は前回記事を先に見てみて下さいね!

極限心理ドラマ『THE HEAD』あらすじ紹介。Huluが生み出した傑作

この記事でわかること☆

  • 簡単なあらすじ
  • 登場人物ごとの行動まとめ
  • 人物の場面ごとに考察

『THE HEAD』の簡単なあらすじ

© HJ Holdings, Inc.

舞台は南極の化学施設「南極科学研究基地ポラリス6」。

氷河に囲まれた暗くて冷たい隔離施設で6ヶ月間過ごすことになった10人の生物科学者たち。

しかし6ヶ月後、7人の研究者たちが遺体で発見され、2人は行方不明、生存者は1人。

この施設で何が起こったのか。衝撃の真実とは・・。

『THE HEAD』の登場人物ネタバレまとめ

ここでは登場人物ごとに事実をまとめます。

1話ごとにその人物に何があったのか一人一人に焦点を当てて見てみましょう。

話数ごとにどうなったのかクリック表示にしていますので見たいところだけ見れるようにしています(むやみにネタバレは避けるように気を付けてはいますので・・・)

ヨハンのみ夏季隊員彼以外は全て「越冬隊」のメンバーとなっています。

時間軸が分かれていてわかりにくいので

越冬隊パート

⇒越冬隊10人の4月9日以降6ヶ月間のパート

 

ヨハンパート

⇒6か月後のヨハン達が到着した後のパート

 

その他パート

⇒上記以外の過去シーンなどのパート

としています。

全ての登場人物で書かれていることは基本的な事のみで、行動やネタバレはクリック表示にしています。

ヨハン・ベルク(夏季隊)

© HJ Holdings, Inc.

「ポラリスVI南極科学研究基地」の夏季基地隊長。妻はアニカ。

作品に出てくる主要人物の中では唯一、越冬隊ではない夏季隊の人間。

6ヶ月の暗黒を過ごした越冬隊を心配し、いち早くポラリスに駆け付けたが隊員の無残な姿を目の当たりにする。

物語を通して隊員たちに何があったのか調査をしていく探偵的存在。

ヨハンパート

マギーを見つけた後、警察を呼ぶが到着まで待てず、マギー本人から何が起きたのかを聞き出す。

アニカの部屋から数枚の紙きれのメッセージを発見。

「ヨハンへ。許されないことをしてごめんなさい。私の手は血で汚れた。業火に値する罪よ。

ヨハンパート

アストリッドにヘリを飛ばさせ消えた雪上車を探すも発見できなかった。

その後ミケと一緒に真相を探るために、死亡隊員の指を使ってスマホの指紋認証でロックを解除していく。

ラストでは探索チームのグスが謎のSOS信号を発見。ドップラー方向探知機を使用し基地の地下で発信している無線機を発見するに至ったがアニカの発見には至らなかった。

その代わりにアーサーを発見、アーサーが最後に見た限りではアニカは生きていたという希望的な証言を得るとともに、マギーに対しての不信感を聞く。

ヨハンパート

生存者のアーサーからマギーが危険人物だと聞き、精神鑑定の面接結果の動画ファイルを確認した。結果、マギーが嘘を付いている事を発見するも、確信的な犯人への繋がりは見つからなかった。

エリックのスマホから、エバと情事に励んでいる動画を発見。焼死体がエバと判明したあと「エバの家族に何を言えばよいのか・・」と悩み、動画をそっと消した。

グスタフに捜索隊を再編成させ基地周辺を調べた結果、雪の中から死体を発見。この時点で越冬隊9人の身元の確認が取れている為、アニカに間違いないと絶望するが死体の足にボルトが入っている事をミケが発見し、アニカではない謎の死体という事が明らかになった。

ヨハンパート

マギーとアーサーからそれぞれ何が起きたのか聞き取りをする。

アニカ・ルントクヴェスト(越冬隊)

© HJ Holdings, Inc.

遺伝子学者であり、ヨハンの妻。

アーサーの下で長く働いており、研究熱心。遺伝子学者としての歴は長いらしい。

越冬隊に選ばれたことでヨハンとは半年もの間離れることになる。

ヨハンパート

雪上車で見つかった死体。損傷が激しいが女性という事が判明しているので、エバアニカのどちらかということに。故に正確な死体は見つかっていない為、行方不明の可能性が高い

その他パート

ダミアン・ファウルズがロンドンの自宅から落下して死亡したという電話を受け取りショックを受ける。

越冬隊パート

無線機を使い外に助けを呼ぶ頭を使ったSOSの方法を取っていた事が発覚。未だ生存は不明のままだった。

2話時点での考察

ダミアン・ファウルズの死を聞いてひどく動揺するアニカ。8年前の研究で深い関わりがあった人物、もしくは非常に親しい人物だとみて取れます。

少なくとも、アニカ自身アーサーと距離を置いている理由の一つとして、非常に重要な関わりがあるんじゃないかなと思います。

例えば、ダミアンラーズも8年前の二酸化炭素を分解する微生物を発見に貢献していた場合。功績をアーサーが独り占めした結果、ダミアンは自殺してしまった・・・など、想像ができますね。

ただヨハンに当てた紙のメッセージで、どう考えてもやばいことしている雰囲気があるので、怪しさは非常にあるものの、この流れだと「限りなくクロに近いシロ」の可能性が高いですね。

越冬隊パート

ニルスが殺害された後、雪上車でアルゼンチン基地に救助を求めるという案を出した。

越冬隊パート

撃たれたマギーを気遣いラモン達と共に治療室へいった。

「ポラリス5の無線機が使えるかもしれない」と発言した張本人。ポラリス5に向かうために懐中電灯などを備蓄している場所に行った際にエリックと会うが、単独行動を宣言される。

その後スノーモービルでラモン、アーサーと共にポラリス5に向かう。

サラを発見した際には仲が良かった分動揺さえしたものの、死体から早く離れようとする。そして秘密裏にアーサーと共にスーツケースを捜している様子があった。

越冬隊パート

サラの死体を発見した後から、昔を思い出してしまい様子がおかしくなる。

ポラリスVから帰還する際にはドリームケーキ、チェリーパイ・・・とポラリスⅤ時代のデザートをつぶやくという、記憶の混同した状態になっていた(T3症候群)

マギーアーサーから逃げた際、彼女の部屋を訪れた。その時に2話で流れていた救難信号を無線機で流していたと思われる。

しかし記憶がかなり混同しており酷い状態だった。

そしてマギーサラに何があったのか、真相を聞かれる。

エリック・オスターランド

© HJ Holdings, Inc.

「ポラリスVI南極科学研究基地」の冬季基地隊長。

軍隊上がりで規律を重視している堅確な隊長。冬越隊の活動では隊員の安全を考慮し責任感を持って行動している。

しかしアーサーとは少しソリが合わず、衝突することもしばしば。

苦楽を共にしてきた隊員のエバの事が気になっており、隙があればアプローチしている。

ヨハンパート

ヨハン達が基地に訪れた際、倒れて死んでいる姿が発見される。7人の死亡者の内の1人だった。

越冬隊パート

マイルズがいなくなったことにいち早く気づき、外に探しに出ていく。ヘザーニルスと共に血痕を発見し後を辿っていきマイルズの死体を発見した。

越冬隊パート

マイルズが殺されてから動揺を隠せないが、隊員が人殺しをするなど考えられないと発言。外からの侵入も考えて軍隊式に基地の外の探索の指揮を執った。

その後、基地に立てこもったニルスに必死に訴えかけるが失敗。結果ヘザーたちの活躍により基地に戻ることができた。ニルスを拘束した後も、彼の殺していないという言葉を信じたが、結果ランドリーに軟禁状態にするほか方法がなかった。

越冬隊パート

エバとの内緒話をマギーに聞かれていたが、その時言った言葉がゴアヴァハンスィア(彼に従え)。犯人ないし、誰かに従っている可能性が出てきた。

エバを優先的に助けたい為、雪上車に乗る人を決める際トリックを使いエバにくじの当たりを引かせる。結果、雪上車は燃えて彼女は焼死。エバを死なせたのは自分のせい」だと自責の念に駆られ動揺した彼は銃を持って隊員たちを脅した。

アニカが優しく声をかけ、一瞬我に返った時、隙をつきてラモンが銃を奪おうとするも失敗、エリックは誤って発砲。マギーの腹部を貫きヘザーを殺してしまう。

ちなみに雪上車準備の際は雪上車に直接毛布を運んでいた。直接雪上車に触れた人物の一人。

越冬隊パート

マギーとヘザーを撃ってしまった後、基地内を一人逃走するが備蓄庫でアーサーアニカに出くわした。

懐中電灯や電池など非常事態に備えるようなものをリュックに詰めており「おれに構うな!」とアーサーを威嚇し単独行動に出る。

この事に対してアーサーはメンテナンス・保守担当だったニルスが死んだ時点で基地が機能しなくなることをいち早く察知して、備えていた人物だったと語っている。

越冬隊パート

マギーラモンに追われた際、キッチンで一人食事をしていた。その後マギーラモンを殺した後、彼女に臆病者と罵られる。

エリックは「黙っているしかなかった・・・」と悔やむが「そのせいで大勢の人間が死んでエバも死んだんだ!」とマギーに言われた瞬間、全てを後悔した。

その後、アーサーを銃で殺そうと追い詰める。

その際、8年前の時点でこうすればよかったんだ!と叫んでいる。(この様子から確実にマギーに言われた一言がトリガーとなっていることがわかる)

マギーに説得されそうになるがアキエリックに同意しており「アキはわかっている」と発言している。

しかしアーサーに隙を突かれて近くのガラス片で首を刺され、苦しくも殺される

アーサー・ワイルド

© HJ Holdings, Inc.

世界で最も尊敬される生物学者。

8年前に南極で取り組んだ研究は伝説と言われており、自他ともに認める天才である。

しかし傲慢で人を見下すような態度が度々みられるため、反感を買う事が多い。

ヨハンパート

死体は発見されておらず、行方不明とされている

越冬隊パート

南極基地の夜、外に出てアザラシを助けようとするマギーに規則違反だと会話をした。

8年前にアニカと共に二酸化炭素を分解する微生物を発見し、歴史上の偉人となったことがわかる。

マギーニルスを手当している時、しきりにニルスの発言を気にしている様子が描かれている。

その他パート

冒頭でダミアンファウルズが亡くなった連絡を受けたマギーに「アーサーに連絡した方が良い」とヨハンは発言している。このことから8年前の研究、もしくはアーサーと強い関わりがあったことがわかる。

越冬隊パート

何かある度に隊員を庇おうとするエリックとは何かと口論になっているシーンが多く見られる。

ヨハンパート

ドップラー方向探知機で地下にきたヨハンを襲おうとした。マギーに次ぐ、第二の生存者だったことが判明。

何週間も非常食を食べて生きていたと話しており「彼女が来たのかと思った」とマギーをかなり警戒している様子だった。

2話時点での考察

何週間も非常食を食べて生きていたという発言。

おそらく正確には3週間でしょう。

アンテナ不良、マイルズ殺害が発生した日付は10月18日。これはマイルズ殺害後に隊員で集まった時にエバのスマホ画面の日付で判明しています。

ヨハン達は通信が途絶えて3週間後に基地に到着しています。単純に計算しても11月8日前後ですね。更に死亡隊員のロックを解除した際、ヘザーのスマホ画面の日付が11月8日になっているため、救出時も11月8日ないし9日あたり。この発言により、事件の時系列が少し形を成してきましたね。

ヨハンパート

自分が発見した数十億ドルにもなり得る微生物をマギーが盗みに来たとヨハンに主張する。元々マギーの代わりにラーズという助手がポラリス6に来る予定だったが事故で死んだので急遽マギーがポラリスに来たとも話す。

越冬隊パート

3話の越冬隊パ―トでは特に目立った動きはなし。

雪上車準備の際は部品のようなものを運んでいた

ヨハンパート

ヨハンに対して引き続きマギーの不信感や、アニカだった怪しいという事を口説く。

越冬隊パート

アニカラモンと共にポラリス5へ向かう。

サラの死体を発見した際、マギーが滞在することを必要以上に恐れており、現場をすぐに離れるよう促す。

アニカと共にスーツケースを捜している会話をしており、無線機探し以外に目的がありそうな雰囲気があった。

4話時点での考察

普通に見ていると、どう考えても旧ポラリス組(アーサー、アニカ、ラモン)が怪しいですよね。特にアーサーはポラリス5時代の研究によって唯一スターとなった人間である為、人から恨まれる理由などは誰よりも持っています。

ただ、過去の回想シーンのほとんどが、アーサーによる視点の話とマギーによる視点の話です。どちらかが嘘を付いていた場合は全てが覆る可能性は十分に秘めているので、まだ誰もが犯人にもなりうる状況ではあります。

越冬隊パート

ポラリスVにて捜索する際、通話ケーブルを伝って通信室にたどり着くが、中は崩れていて無線はおろか使えるものは何もなかった。結果、ポラリス5から撤退を余儀なくされる。

ラモンのスマホに入っているデータから、証拠品のセーターを着ているアーサーの姿が確認される。

帰還後、エリックに銃で襲われ殺されそうになるが、隙をついてエリックをガラス片で殺した。

その後、露骨にマギーアキを殺そうと追いかけるがアキが先にマギーを逃がした為、アキを追う事となった。

5話時点での考察

5話冒頭で、ダミアン・ファウルズが電話を掛けていた相手。

今の時点ではどう考えてもアーサーに掛けていたと思われます。

ただ6話でサラ・ジャクソンの真相について語られるのでまだ確定ではありません。

というのも、まだ一人謎のままの人物がいます。

それがアニカの存在

このままの展開だと特に変わり種がなく物語が終わってしまうので、もしかすると最後にとんでもない秘密をアニカが持っている可能性があるので、そうなると電話の相手が実はアニカだった・・・なんてもこともあり得ますよね。

しかし、現状を整理すると、アーサーが黒幕でそれぞれ隊員の秘密を握っている。「暴露されたくなければ、サラの死の隠蔽について協力しろ」とでも言って、協力させているのではないかと想像できますね。

アキ・コバヤシ

© HJ Holdings, Inc.

博士号取得に励んでいる微生物学者。

「ポラリスVI南極科学研究基地」の研究者としては初参加の新人であり、越冬隊としても初参加となる。

医師のマギーとは意気投合しており、恋人のような存在になってきている。

アキ役について

キーパーソンとして配役されたアキですが、山ピー本人曰く、

「アキは賢くて、すごく直感が強い人物」であるとお話されています。

アキという名前は山ピー本人が日本語の「」から取って付けた名前だそうです。季節の秋みたいに、冷たさと熱さどちらも兼ね備えている、という意味らしい・・・。

つまりこれは表と裏を持ち合わせている「表裏のある人物」という解釈をして良さそうですよね。

ポラリスの隊員たちは誰もが秘密を抱えているような雰囲気を持っているので「表裏のある人間」というのはアキだけではないかも知れません。

ヨハンパート

ヨハンが基地に戻ってきた際、死体袋に入れられているシーンがあることから何らかの原因で死亡していることが確認されている

越冬隊パート

迷子のアザラシが亡くなったらしく、外で雪の中に埋葬するシーンがある。その時、マイルズが懐中電灯一つで外に出て行くところを目撃している。これはマイルズがアンテナを直しに行く様子である。

マギーヘザーと共にニルスの基地立てこもり事件を解決した。

ニルス「部屋に戻ったらノコギリがクローゼットの中に入っていた」という証言を確かめるために彼の部屋に行きクローゼットを確認。そこには確かに血痕が残っていた

その後ニルスに会いに軟禁されているランドリーに赴くも首を切られた直後のニルスを発見。止血しながらも助けを呼ぶが空しくもニルスは息絶えてしまう。

2話時点での考察

2話時点では、アキは事件を解決しようと一生懸命行動していますね。ニルスを信じたいから部屋を探して血痕を発見しました。マギーの記憶が正しければアキにはニルスを殺す暇はなさそうなので、アキは今のところ白に近いんじゃないでしょうか。

越冬隊パート

ニルスの死をマギーと共に目撃したことをラモンに怪しまれ罵声を浴びせられる。マギーを庇う気持ちも相まって頭に血が上りラモンをボコボコに蹴る。

雪上車準備の際は給油ポリタンクを持ち運び、直接車の中に予備として積み込んだ。直接雪上車に触れた人物の一人。

越冬隊パート

エリックに撃たれたマギーを素人ながら治療した。その後ラモンとも和解する。

マギーに医療記録を見られた際に、β遮断薬を服用している事が発覚した。しかし過度な精神的ストレス・精神崩壊から来る妄想などに悩まされた結果の服用だったっ事がわかり、マギーとはより一層仲が深くなった。

ポラリス5の過去の資料を確認した際、ニルスの胸のVの字の傷ポラリス5のV(英数字の5)だという事に気づき、マギーと共にポラリス5へ急ぐ。

越冬隊パート

ポラリスⅥ帰還後、マギーからサラの死体と証拠品について聞く。

医務室の電気を遮断された際にはマギーと一緒に暖を取り「僕たちは死なない」と安心を与えキスをした

犯人に襲われた際、誤ってマギーに麻酔を打たれ一時は気を失う。

エリックアーサーを襲った場面では、マギーが「国に帰って裁きを受けるべき」と発言する中、「エリックの好きにさせれば良い」と実はマギーと意見が異なっていたりする。

結果、エリックは隙を突かれてアーサーに殺されるが、その後マギーを助けるために自らアーサーのデコイとなった。

マギー・ミッチェル

© HJ Holdings, Inc.

医師として参加した、唯一の生存者。

10人の中で唯一の生存者であり、物語のキーパーソン

既に出来上がったコミュニティを持つ越冬隊にぽつんと放り込まれたような状態の為、同じく初参加のアキ(山ピー)とは参加時から意気投合。越冬隊でも一緒に行動を共にする機会が多かった。

ちょっと変わった雰囲気を持つ人物であり、アキ以外の人の事は信じていなさそう。逆に一番物事を客観視できる人間なのかも知れない。

ヨハンパート

ヨハンが基地に戻ってきた際、唯一の生存者として厨房で隠れているところを保護される。以降、病室のベットでヨハンから何が起きたのか聞き取りをされる

越冬隊パート

迷子のアザラシを助けようとするがアーサーに止められる(10月17日)

300クラブの新人としてヘザーアキと共に裸で外に出て歓迎される。その後、ニルスマイルズの喧嘩が起きてニルスの額を手当てする。その際、昔隊員だった誰かと似ているニルスから言われる(1話)

越冬隊パート

マイルズの検死を行い、外で背後からハンマーのようなもので殴られ死亡したことを突き止める。

外の痕跡を調べる際、ニルスがノコギリを雪の中に隠しているところを目撃し隊員全員にチクったせいで、彼が基地に立てこもるという事件が発生する。しかしその際にはヘザーアキと協力して基地の奪還に成功した。

その後、エバが何故今回越冬隊に参加したのか、理由をヘザーと共に聞いた。

2話ラスト、ニルスが首から血を出しアキが止血して助けを呼んでいる場面に出くわし固まってしまう。

ヨハンパート

上記の話を医療室のベッドでヨハンに話した。

越冬隊パート

ニルスの死後、彼の検死を行う。そしてニルスの胸にあった「Vの傷」について隊員全員に漏らしてしまい、混沌を招いた。

アキラモンをボコボコにしたのを見てアキの医療記録を見るが健全で問題がなかったと語る。

雪上車準備の際はエバの防寒具を着る手伝いをしていた。

越冬隊パート

エリックに撃たれた際、アキ自ら指示をしながら治療に当たった。

治療後、目を覚ました後はアキの治療記録を見たことを打ち明け、暴力的になった理由を聞いた。

彼が胸のVの字の傷について発見したのをきっかけに彼と共にポラリスVへ急いだ。

サラの死体を発見した際、古傷が開いたと嘘を付いてサラの死体を検死した。結果、焼死ではなく何者かに後頭部を殴られ殺されたことを知った。

アーサーアニカがスーツケースを捜してる事をいち早く察知し、ポラリス5にあるサラの部屋で謎の人物の隙を突いてスーツケースの奪取に成功

スーツケースには「サラに返却」と書いており、中には血だらけのセーター(証拠品)が入っていた。

ヨハンパート

ポラリス5の事、血だらけのセーターを見つけたことなどをヨハンに話す。

越冬隊パート

セーター発見後、広間にてサラの死体を持って帰る提案をした。

ポラリスⅥ帰還後はアキ証拠品とサラの死体について話す。直後、医務室を扉を突破されそうになるが何とか防ぐ。しかしブレーカーを落とされアキと共に暖を取った。

その後犯人にサウナ室まで追いつめられる。犯人の正体はラモンだった。必死に応戦し、死ぬ一歩手前の所で近くに合ったダンベルで頭に一撃。ラモンを殺すことになる

その後、アーサーを襲うエリックを説得しようと試みるが隙を突かれてアーサーエリック殺害

その後、逃げた先で記憶が混同しているアニカに出会う。

そしてアニカサラ・ジャクソンに何があったのか、真相を聞いた。

エバ・ウルマン

© HJ Holdings, Inc.

経験豊富な看護師。

基地では看護師を務めており、経験は長い。

越冬隊長であるエリックに好意を寄せられていることを薄々感じている。

以前も基地で看護師をした経験があり、今回もある事情から看護師として越冬隊として基地に残るが・・・。

ヨハンパート

ヨハンが基地に戻ってきた際、死体袋に入れられているシーンはなく、焼死体もしくは行方不明と断定された(1話)

越冬隊パート

300クラブの歓迎でみんなでお酒を飲んでいる際、エリックに髪を触られ親しげにしていたが少し困った様子が描かれている(1話)

越冬隊パート

ヘザーとマギーに何故越冬隊に参加したのか過去を話す。8年前は旦那がギャンブルで失敗したせいで急なお金が必要になり、給料の良い越冬隊に参加したが今回は・・・理由を濁していた。

ヨハンパート

8年前のポラリス5ではエリックの現地妻となっていた事が判明。

越冬隊パート

廊下でエリックと揉めており、誰かに従っている素振りを見せていた(揉めていた所をマギーが目撃していた)

雪上車でアルゼンチン基地に助けを求めに行く1人に選ばれる(エリックがトリックを使いエバに行かせた)

しかし、3回目のエンジン点火で雪上車は爆発。彼女は亡くなった

ヘザー・ブレイク

© HJ Holdings, Inc.

タフなコンピューター担当者。

唯一のアメリカ出身者。楽観的でタフな性格の持ち主。

身体を張る場面では自ら率先して行動を起こしてくれる、女でありながら男にも勝る体力担当者だったりもする。

氷上経験者ではあるが、越冬隊としては初めての参加。多彩な経験を手に入れるためである。

ヨハンパート

ヨハンが基地に戻ってきた際、死体袋に入れられているシーンがあることから何らかの原因で死亡していることが確認されている(1話)

越冬隊パート

300クラブの新人としてマギーアキと共に裸で外に出て歓迎される(1話)

マイルズの探索に出た際、血痕を発見した人物。エリックを呼びニルスと3人で後を辿る。血痕の先でマイルズの死体を発見した(1話)

ヨハンパート

ヨハン死亡したヘザーの死体の指紋でスマホのロックを解除するシーンがある。ここで初めて、ヨハン達が来た日付が11月8日だと判明した。

越冬隊パート

ニルスが立てこもった際、危険を顧みず外の換気口から基地の中に侵入しニルスをチョークスリーパーで落とすという功績を残した。

越冬隊パート

エバの死後、錯乱したエリックが銃を振り回しラモンともみ合った後、誤って発砲した弾がマギーを貫通してヘザーは急所を貫かれ即死。

ちなみに雪上車準備の際は社内に機器を取り付けていた。直接、雪上車に触れた人物の一人。

ラモン・ラザロ

© HJ Holdings, Inc.

基地の料理人。

普段は物静かで読書と瞑想を好んでいる。

隊員とは上手くやっているが、精神的に追い詰められると攻撃的な性格になる。

ニルスの秘密を知っている人物であり、彼自身も何か秘密があるらしい。

ヨハンパート

ヨハンが基地に戻ってきた際、死体袋に入れられているシーンがあることから何らかの原因で死亡していることが確認されている(1話)

越冬隊パート

マイルズの死体が発見された跡、戻ってきたニルスに何があったか強く問いかけ動揺するシーンがある(1話)

ヨハンパート

死亡した隊員のスマホのロックが解かれている中、彼のスマホのみ256bitの軍隊レベルのロックが掛かってた。何か重大な秘密を抱えているシェフなのかもしれない。

越冬隊パート

ニルスが疑われた際、必要以上に彼を言葉で追い詰め、ニルスの過去(死んだ娘)の話を隊員に暴露した。疑い深い人物である。

2話時点での考察

2話では教養のあるシーンも見せつけたラモン。ニルスの過去を知っており、切羽詰まると人を問い詰める性格の彼は何かやばい秘密を持っているような気がします。

犯人ではないと思いますが、場を乱すことが多い点から事件をややこしくしていきそうな予感がします。

越冬隊パート

アキマギーをディスったせいでアキにボコボコに蹴られてアザを作った。

エバの死後、錯乱したエリックを止めに入るが揉みに揉め、エリックは誤って発砲した弾でヘザーが命を落としてしまう。

越冬隊パート

撃たれたマギーを率先して医務室へ運んだ。なんだかんだ口が悪いが面倒見の良い人間っぽさが出ていた瞬間である。その後アキに、マギーの件について謝罪をした結果、和解することができた。

アニカアーサーと共にポラリスVに向かい、無線機を探す。

入り口探しの時、一旦休憩する際にとっておきの50年物のスコッチを開けポラリス5へ乾杯。その際に「灰は灰に、チリはチリに、元居た場所に皆戻る」という意味深な発言をする。

アニカが思い出した当時の映像ではチーズケーキを皆に振る舞い、仲間たちと大笑いして楽しんでいるシーンが出ている。

アニカアーサーと共に「ポラリスVで何が起きたのか」事情を知っていそうな人物である。

越冬隊パート

ポラリスⅥ帰還後、マギーアキを襲った。

マギーの首を腕で締め付けて殺そうとするが、マギーにダンベルで反撃され命を落とす。

明かされていはないが

①ポラリスⅤでスーツケースを捜していた人物

②ポラリスⅥ帰還後、医務室のドアを開けようとした人物

この二つはラモンの仕業でほぼ確定かなと思います。

5話時点での考察

ラモンはマギー達を襲ってはいますが、黒幕ではありません。

このままの流れで行くと、どう考えてもアーサーが黒幕になりますが、問題は今までの殺人に関してどの程度ラモンが関わっていたのか。

ラモンのスマホにある「持っているだけで犯罪になりそうな動画」が原因で黒幕に脅迫され、手伝っていたと考えるのが妥当です。

むしろ、この動画の内容が人を殺したものを撮影しているものだとしたら・・・ラモンが実質的な殺人を請け負っていたのも納得できるのではないか、と思います。

ニルス・ヘドランド

© HJ Holdings, Inc.

基地の機器メンテナンス技術者。

南極での経験が豊富なベテラン技師で「ポラリスVI南極科学研究基地」の事を誰よりも知っている人物。

酒癖の悪さが目立ち、他の人物といざこざを起こすことが多い。そのため一人で行動することを好むが、それが仇になることに・・・。

何故酒癖が悪いのか、この人物にも秘密がありそう。

ヨハンパート

ヨハンが基地に戻ってきた際、死体袋に入れられているシーンがあることから何らかの原因で死亡していることが確認されている(1話)

越冬隊パート

300クラブで新人を迎える際、マイルズとシャワーの時間の事で喧嘩し眉の上に怪我をする。医療室でマギーから手当てを受けるが、マギーと昔の隊員が似ていることを発見する(1話)

翌日、機器のメンテナンス中に防寒具を着て外に出ていくマイルズを目撃している(1話)

その後、姿が見えなくなったマイルズを探すためエリックヘザーと共に外に探しに行くが、首を切られたマイルズの遺体を発見する。(1話)

越冬隊パート

部屋のクローゼットから身に覚えのない血の付いたノコギリが見つかる。「このままだと犯人と疑われる」と怖くなり雪の中にノコギリを埋めるが、運悪くマギーに目撃されチクられる。

結果縛られた上、秘密にしていた死んだ娘の話をラモンに暴露される。しかもその後ランドリーに軟禁状態にされ、何者かに首を切られて死亡してしまう。

2話時点での考察

酒癖は悪いですが、どう考えても犯人じゃないですよね。ただ単に可哀相な過去を持つ被害者ってところでしょうか・・・。

越冬隊パート

冒頭でマギーに検死された結果、頸動脈切断による失血死とされた。

マイルズ・ポーター

© HJ Holdings, Inc.

基地の通信機器担当者。

氷マニアらしく、氷の上で人生を過ごすと心に決めているほどの人物。

通信担当であるため、通信機器に関することは全て彼に一任している。氷マニアという事から、変り者であるが基地での生活を通して益々変り者になってきているとか。

暇なときはアルゼンチン基地の人間と通信を使って無駄に交信している。

ヨハンパート

ヨハンが基地に戻ってきた際、死体袋に入れられているシーンがある。亡くなった7人のうちの一人。(1話)

越冬隊パート

300クラブで新人を迎える際、ニルスとシャワーの時間の事で喧嘩。その後、アルゼンチン基地の人間と更新しようとするがアンテナのエラーが発生し、直すために外に行く。

防寒具を着るところをニルスが、外に出ているところをアキがそれぞれ目撃しており、その後の消息は掴めていない(1話)

その後、心配になったエリック達の探索により首を切られ亡くなっている姿が発見された(1話)

登場人物の行動の整理とネタバレ考察まとめ

少しでも視聴の参考にと思い、書かせて頂きました。

「あなたの番です」もそうですが、マーダーミステリーというものは考察が捗ってまぁ楽しいですよね。

全6話と短いですが、非常に面白い内容だと思いますので、まだ見たことがない人は是非Huluで視聴してみて下さいね。

Huluは他にも面白い海外ドラマが多くありますので、是非一緒にこちらも見てみて下さい。

それではありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です